The SOAP BARでは固形石鹸の商品や豆知識をご紹介します。

石けんの代表的な成分 石ケン素地とは

石ケン素地とは
皆さんは石ケンを選ぶとき、成分の表示を見て選んでいますか?

固形石鹸は全て「石ケン」で出来ていると思っている方も多いかと思いますが、
実は、固形の洗浄剤の中には石ケンではなく合成洗剤で作られた石鹸も存在しています。

CMなどでは、肌にいいのは肌と同じ弱酸性とされていますが、肌には自然の中和力があり弱酸性にこだわらなくてもお肌の健康を保つことができます。
弱酸性の洗浄剤は、実は弱酸性にするために合成界面活性剤などの合成の化学物質が添加されていることがほとんどです。
本来の意味での石ケンには、石ケン素地カリ石ケン素地主原料として使われています。

ここでは、その石ケン素地とはどういうものなのか、石ケン素地でも肌にピリピリするのはなぜなのか、石ケン素地は本当に安全なのかについて見ていきます。

成分表に書かれている「石ケン素地」ってなんだろう?

石ケン素地とは

固形石鹸の成分表示を見ると、「石ケン素地」や「カリ石ケン素地」と表示されていることが多いかと思いますが、
この石ケン素地というのは、文字どおり石ケンの素となる成分のことでアニオン界面活性剤とも言います。

石鹸には固形石鹸(ソーダ石鹸)とジェル状石鹸(カリ石鹸)がある

一言で石鹸と言っても、石鹸には固形石鹸ジェル状石鹸で分けられます。

固形石鹸とは?

固形石鹸は、植物油脂や動物油脂の脂肪酸+水酸化ナトリウム(水酸化Na)である苛性ソーダを反応させることで「脂肪酸ナトリウム(脂肪酸Na)」が出来ます。
この石鹸素地が、固形石鹸(ソーダ石鹸)になります。

石鹸素地の関連商品

泡立ちが良く、優しい使い心地の「 化粧石けん シャボン玉 浴用 」。余分な成分を含まない無添加石けんというのが魅力で、お肌の敏感な人の注目を集めています。近年、アトピー体質の人が増えてきており、こう言った無添加の固形石鹸は人気上昇中です。[…]

商品ページを見る

関連記事

石鹸と聞いて、頭に浮かぶのはどんな石鹸でしょうか? 固形石鹸か液体石鹸か、どちらかを思い浮かべる人が殆どだと思います。 最近は洗顔に固形石鹸を使う人も増えてきており、用途によって形状を使い分けていたりしますね。 そんな固形石鹸と液体石鹸[…]

ジェル状石鹸とは?

ジェル状石鹸は、植物油脂や動物油脂の脂肪酸+水酸化カリウム(水酸化K)である苛性カリを反応させて、水を加えることで「脂肪酸カリウム(脂肪酸K)」が出来ます。これを水と混ぜることで、ジェル状から液体となります。
このカリ石鹸素地が、ボディーソープなどの液体状の石鹸(カリ石鹸)になります。


商品ページを見る

以上のように普段使っている石鹸を作る為に、原油+アルカリ性を組み合わせることで石鹸を作ることが出来ます。

石鹸を作るためには、これらの石鹸素地カリ石鹸素地という成分が必要となります。

石鹸素地には大きく分けて2種類の製法がある

1、高級脂肪酸水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)中和反応させる作り方中和法
2、油脂水酸化ナトリウムを加水分解(けん化反応といいます)させて作る方法鹸化法

カリ石鹸素地には大きく分けて2種類の製法がある

1、高級脂肪酸水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)中和反応させる作り方中和法
2、油脂水酸化ナトリウムを加水分解(けん化反応といいます)させて作る方法鹸化法があります。

関連記事

石鹸は、私たちの生活に無くてはならない物として、古くから世界中の人々に使われてきました。今では石鹸の種類も豊富になり、様々な色や香り、形状の石鹸が作り出されています。皆さんは、種類豊富な石鹸がどのように作られているのかご存知でしょうか?こ[…]

つまり、石鹸素地とは

つまり、石鹸素地(固形石鹸)や、カリ石鹸素地(ジェル状石鹸)とは、石鹸を作るための石鹸の基礎となる成分のことをいい、
成分表には「石鹸素地」や「カリ石鹸素地」と表記されます。

石ケンカスが出来る原因は、水に含まれるミネラルにアリ

水に溶けにくく、水に含まれているミネラルと反応すると水垢=石ケンカスができますが、水となじみやすい性質も併せ持っています。

もう一つのカリ石ケン素地は、ph11程度のアルカリ性です。
こちらは医薬部外品の扱いになります。

石ケン素地でも肌がピリピリする原因は?

人の肌は弱酸性に保たれることで肌の健康が保たれるような仕組みになっていますが、
外部からの雑菌などが増えるとそれに対する反応で、肌が酸性寄りに傾きます。

そこにアルカリ性の石けんで洗浄することによりお肌を中和させ酸性の肌から弱酸性の健康な状態へと戻そうとします。
その為、石ケン素地は、ph10程度の弱アルカリ性で個体として存在します。

この弱アルカリ性というところがポイントで、肌が弱っているときに石鹸洗顔をすると刺激を感じてしまうことがあります。
肌の状態が良い時には、石ケンで洗うと角質が順調に落とせるので肌のターンオーバーが整います。

健康な肌を保つにはアルカリ性の石鹸を使うのが理想的だけど

お肌には本来、中和する能力がありますのでアルカリ性の石ケンで洗っても中和して弱酸性に戻してくれます。
しかし、合成の界面活性剤の洗浄剤を使い続け肌が弱っていると、乾燥肌であったり肌表面が傷ついた状態になっていて、ピリピリとした刺激を感じる状態になることもあります。

関連記事

アレッポの石鹸 ライト アレッポの石鹸 ライト 商品概要 メーカー: アデル・ファンサ社 内容量: 180g サイズ: 80×35×65(mm) 成分: オリーブオイル、ローレルオイル アレッポ[…]

荒れている肌の状態のときはいつもの石けん以外も試してみて

ひどい時には風が吹いただけでもしみることがあります。
肌に傷がある場合や、かゆみや肌荒れが見られる場合にも石ケンのアルカリ性が刺激になりますので、肌が落ち着くまで使用は控えたほうがいいでしょう。

関連記事

ペリカン石鹸 家族無添加ソープ 乾燥が気になる季節になると、お肌の乾燥やデリケートなお肌に悩む方も多いのではないでしょうか?乾燥肌や敏感肌の方は、普段のスキンケアには気をつけているつもりでもお肌のカサつきがおさまらない季節ですよね。そん[…]

石ケン素地は安心安全で万能なのか?

石ケン素地には、毒性やアレルギーはないと言われています。
というのも石ケンには数千年という歴史があり、その長い歴史の中で大きな問題や副作用は現れなかったからです。

石ケンの界面活性剤は、洗い流す段階で肌には残らないため、皮膚への刺激も少ないと考えられます。
ただし、アルカリ性という特性があるため、目に入るとしみることがあります。

アルカリ性だからこそ洗浄力があるのですが、敏感な部位には刺激になってしまうことがあります。
誤って目に入っても、水で念入りに洗い流すことで影響は最小限で済みます。
つまり石ケンは全ての肌質の人に使えて便利ですし、余計な成分を足していないものであれば赤ちゃんにも安心して使えるのです。

まとめ

石ケン素地は、長い歴史の中で安全性が認められてきました。余計なものを含んでいないので、地球にも優しく継続して使うことにも安心です。
石ケンはアルカリ性ではあっても、肌の中和力で、洗った後には元の弱酸性に戻る性質があるということがわかりましたね。
石ケン素地の性質を押さえて、洗浄剤を選ぶ時には是非参考にしてください。

>固形石鹸に特化した石鹸情報 まとめサイト

固形石鹸に特化した石鹸情報 まとめサイト