The SOAP BARでは固形石鹸の商品や豆知識をご紹介します。

石鹸の製造方法について

石鹸は、私たちの生活に無くてはならない物として、古くから世界中の人々に使われてきました。
今では石鹸の種類も豊富になり、様々な色や香り、形状の石鹸が作り出されています。

皆さんは、種類豊富な石鹸がどのように作られているのかご存知でしょうか?
ここでは石鹸の製造方法について、どんな方法があるのか、鹸化法を中心にご紹介していきます。

石鹸を製造する3つの方法

石鹸の製造方法には、

①鹸化法
②中和法
③エステル鹸化法

の3つのタイプがあります。

そして、鹸化法は更に、
ホットプロセス」と「コールドプロセス」と「鹸化塩析法」に分かれています。
それでは、それぞれの特徴を間単に説明していきたいと思います。

鹸化法ー焚き込み法・冷製法・鹸化塩析法の3タイプ

鹸化法というのは、
油脂成分を水酸化ナトリウムや水酸化カリウムと反応させる事により、石鹸素地とグリセリンを作る方法です。
これには、次の3つのタイプがあります。

焚き込み法(ホットプロセス)

釜炊きにより作る方法で、加熱した油脂の中に水酸化ナトリウムを混ぜ込んで反応させていきます。

冷製法(コールドプロセス)

火による熱を使うのではなく、化学反応による熱を利用して反応させます。時間が掛かる方法です。
個人で石鹸作りを楽しむ人が増えていますが、その場合はこの方法が主流となっているようです。

鹸化塩析法

ホットプロセスの後に、食塩を加える事で不純物を除去していく方法です。これにより、高純度の石鹸が作り出せます。

中和法ー脂肪酸とグリセリンに分解する方法

中和法というのは、
油脂を脂肪酸とグリセリンに分けた後に、脂肪酸と水酸化ナトリウムや水酸化カリウムと反応させることで、石鹸素地を作り出す方法です。

エステル鹸化法ーメタノールと反応させる方法

油脂とメタノールが反応することで、脂肪酸メチルエステルとグリセリンに分解します。
その後、脂肪酸メチルエステルと水酸化ナトリウムを反応させる方法です。

まとめ

日常的によく使っている石鹸について、その製造方法をタイプ別にご紹介しましたがいかがでしたか?
石鹸を作るには、反応させるために火で加熱したり、化学反応の熱を利用したりします。

エタノールを使って反応させる方法もあります。
その製造過程のタイプによって、鹸化法、中和法、エステル鹸化法と呼ばれています。

最近は個人で石鹸を作る人も多くなってきています。
自宅や個人で石鹸を作る場合は、鹸化法の冷製法が主流となっていますので、
このあたりも知っておくと石鹸作りの参考になるかもしれませんね。

>固形石鹸に特化した石鹸情報 まとめサイト

固形石鹸に特化した石鹸情報 まとめサイト