The SOAP BARでは固形石鹸の商品や豆知識をご紹介します。

焚き込み法 (ホットプロセス、バッチ法)とは?

手洗いや洗濯、掃除など、日常生活でとてもお世話になっている石鹸。
その石鹸を作り出す方法の一つに、『焚き込み法』と呼ばれるものがあります。
焚き込み法は、鹸化法の一つでありホットプロセスとも呼ばれています。

不純物が残ってしまうのですが、保湿成分であるグリセリンが含まれているために、お肌の潤いが保てるというメリットがありますよ。
それでは、焚き込み法の特徴や、焚き込み法で作られた石鹸についてご紹介していきます。

焚き込み法は、釜炊き鹸化法の一つ

火による加熱で反応させる方法

焚き込み法というのは、釜炊き鹸化法の一つです。
釜炊き鹸化法は、
釜を使って油脂を加熱しながら、水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)や水酸化カリウム(苛性狩カリ)を混ぜ込んでいく方法です。

●固形石鹸を作りたい時には『水酸化ナトリウム』を、
●液体石鹸なら『水酸化カリウム』を混ぜていきます。
こうして、加熱しながら鹸化の反応を起こさせるものを、焚き込み法と呼んでいます。

鹸化塩析法との違いは、出来上がりの純度の高さ

同じ釜炊き法でも、鹸化反応をさせた後に純度を高める作業をする場合があります。
これは鹸化塩析法と呼ばれ、焚き込み法と区別されています。

この方法で作ると、石鹸の純度が98%にも高まります。
ですが、保湿成分のグリセリンまで除去されてしまいます。
ちなみに、ここで言う不純物というのは、有害物質の事ではありません。

焚き込み法で作られた石鹸には、グリセリンが残る

先ほども触れましたが、純度を高める作業をしないのが、
焚き込み法です。

ですから当然、出来上がった石鹸には不純物が残っています。
不純物が残っているなんて聞くと、なんだか肌への刺激があるように感じますよね。
確かに刺激を感じる人も稀にいるのですが、
その不純物の中にはグリセリンも含まれているんです。

グリセリンでしっとりな仕上がりに

グリセリンは保湿成分として有名で、多くの保湿クリーム製品に含まれていたりします。

ですから、グリセリンが残るといわれる焚き込み法による石鹸を使うと、洗い上がりがしっとりするという特徴があります。
お肌に優しい使用感なのですが、泡立ちや洗浄力は落ちてしまいます。

焚き込み法で作られた製品

日本月桃 手づくり月桃石けん

関連記事
IMG

まとめ

ここでは、石鹸の製造方法の一つである鹸化法の中の、焚き込み法(ホットプロセス、バッチ法)についてご紹介しました。
焚き込み法というのは釜炊き法の内、不純物を取り除かない方法を言います。
逆に、塩析して純度を高める方法を、鹸化塩析法と呼んでいます。
不純物の中にはグリセリンも含まれているので、焚き込み法で作られた石鹸には、しっとり感のある石鹸が多いという特徴があります。
乾燥する季節にピッタリですね。

>固形石鹸に特化した石鹸情報 まとめサイト

固形石鹸に特化した石鹸情報 まとめサイト