The SOAP BARでは固形石鹸の商品や豆知識をご紹介します。

冷製法 ( コールドプロセス )とは

冷製法コールドプロセス)は、
火を使わずに化学反応で起きた熱を利用する製造方法です。
石鹸の製造方法にはいくつかの方法があります。
『冷製法 (コールドプロセス)』、
『焚き込み法(ホットプロセス)』、
『鹸化塩析法』です。

ここでは冷製法 (コールドプロセス)という製法についてご紹介します。

冷製法(コールドプロセス)について

個人で手作り石鹸を楽しむ人々が増えてきており、
趣味や教室を開いて手作り石鹸が広まってきていますが、
その時に使われる方法が冷製法(コールドプロセス)です。

市販の石鹸で使われている製法のほとんどは、
火を使って加熱する事で鹸化反応を起こさせる方法で作られています。

それに対し、冷製法は化学反応の熱を利用します。
冷製法を使うと、高温による油脂のダメージが少ないというメリットがあります。
ここでは、そんな冷製法について詳しくご紹介していきたいと思います。

冷製法(コールドプロセス)は、化学反応の熱を利用する

石鹸の製造方法の一つに、鹸化法というのがあります。
冷製法(コールドプロセス)は、鹸化法の一つであり、火による加熱をしないのが特徴です。
同じ鹸化法に、釜炊き法(ホットプロセス)があります。
こちらは釜で加熱しながら、高温の中で鹸化反応を起こさせるものです。

冷製法(コールドプロセス)は、油脂に水酸化ナトリウムを混ぜた時の反応熱を利用するので、とても時間がかかります。
家庭で手作りされている人も多いですが、2カ月くらい掛かるので少し気合いが要りますね。

冷製法(コールドプロセス)のメリットは?

冷製法(コールドプロセス)で作る事によるメリットは、色々あります。
一番嬉しいのは、お肌に優しいということでしょう。
その理由は、作る過程で高熱を使わないからです。

釜で加熱する方法(ホットプロセス)ですと、とても高温になるために油脂がダメージを受けてしまいます。
また、不純物が残留する事にもなります。
しかし、この不純物を取り除く作業をしようとすると、グリセリンも取り除かれてしまいます。

冷製法(コールドプロセス)では50℃程度の低い温度ですので、そういった事がありません。
塩析する必要もなく、グリセリンなどの保湿成分をそのまま残せるのです。

冷製法(コールドプロセス)のデメリットは?

もちろんデメリットもあります。
冷製法(コールドプロセス)は職人の手作業で行われている事が多く、少しずつしか作れません。
また、大変長い時間が掛かるために大量生産が出来ないのです。
大量生産が難しいことから、どうしても価格が高めになってしまいます。

使用感については、泡立ちにくいという特徴があります。
これについては、泡立てネットを使えば解決されるので、しっかり泡立てて使うようにしましょう。

冷製法(コールドプロセス)を使った製品

ユアン(YUAN) 月桃 ソープ 固形石けん
ユアン(YUAN) 月桃 ソープ 固形石けん

まとめ

冷製法(コールドプロセス)について、どのような方法なのか、また作られた石鹸の特徴などをご紹介しました。
石鹸の製造方法である「鹸化法」の中の1つが、冷製法(コールドプロセス)です。
高温で熱しながら反応させる釜焚き法(ホットプロセス)に対し、こちらは化学反応による低温の熱を利用します。
ですから、高熱による油脂へのダメージが少ないのが魅力です。
肌に優しく洗顔石鹸として活躍しており、手作り石鹸のレシピも色々ありますよ。

No ratings yet.

評価をして下さい




>固形石鹸に特化した石鹸情報 まとめサイト

固形石鹸に特化した石鹸情報 まとめサイト