The SOAP BARでは固形石鹸の商品や豆知識をご紹介します。

気になる 成分表の見方 は?

成分表の見方
みなさんは石鹸を買う時に、成分を気にしながら選んでいるでしょうか?
成分表を必ずチェックするという人もいれば、全く見ないという人もいることでしょう。
石鹸の成分表なんて、なんだか難しそうで見ても意味が分からないという人もいるかも知れません。
ですが、見方を覚えるととても便利なので、この機会に是非覚えてみてくださいね。
それでは、石鹸の 成分表の見方 についてご紹介していきます。

化粧品の成分表って何?記載しないといけない理由は?

石鹸の成分表とは?

まず、石鹸の成分表とはどのようなものなのか、説明いたします。
家庭で使う石鹸には、人間に使う物そうでない物に分類されます。
例えば、シャンプーやボディーソープ、洗顔料などは人間に使う物であり、洗濯石鹸などは人間以外に使う物です。

人間以外に使う石鹸の表示方法とは?

人間以外に使う物は経済産業省の管轄となり、家庭用品品質表示法に基づいた表示方法となっています。

人間に使う石鹸の表示方法とは?

そして人間に使う石鹸は厚生労働省の管轄で、薬機法により表記が定められています。
成分表は製品のどこかに必ず記すことが、2001年に義務付けられています。
当時は表示義務から外れていた医薬部外品は、2006年の法改正の際に表示が義務化されました。

石鹸の成分表の記載方法には、4つのパターンがある

成分表には、次の4つのパターンがあります。
1 そのまま「石鹸」と書かれている。(石鹸素地、カリ石鹸素地など)
2 化学名が書かれている。(ミリスチン酸Na、オレイン酸Naなど)
3 「脂肪酸+強アルカリ剤」のパターンで書かれている。
4 「油脂+アルカリ剤」のパターンで書かれている。

成分表記の順番や記載方法には、4つのルールがある。

成分表には、次の4つのパターンがあります。

1 配合量の多いものから、記載する。
2 配合量が1%以下の場合、順不同でOK。
3 着色剤は、着色剤以外の成分の後に順不同で記載。
4 配合量が1%以下の成分がある場合は、その後ろに着色剤を記載する。

成分表の上位には、配合量の多い物が書かれているはずなので、
刺激の強い成分や苦手な成分が上位に書かれていないかチェックするようにしましょう。

成分と原材料の違いとは?

石鹸や化粧品の紹介や表記を見ると、ときどき成分表だけでなく原材料という記載がある商品もあります。
成分は同じでも製造方法や原材料に何を使うかによって仕上がりは変わって来ることがあります。
各メーカーによっては、原材料や天然成分にこだわっていることを伝えるため成分に加え、原材料も公開しているところもあります。

石鹸の主な成分というのは、石鹸素地のことです。
石鹸素地は、脂肪酸とアルカリを反応させて作られたもので、脂肪酸カルシウムや脂肪酸カリウムのことです。
原材料は、原料となる油脂のことで、植物性のものと動物性のものがあります。
植物性なら泡立ちが良くさっぱりとした洗い上がりで、動物性なら泡立ちは良くないが肌が潤いやすいという特徴があります。

といったように、それぞれの特徴がありますので、是非原材料にも目を向けてみるといいでしょう。

まとめ

ここでは、石鹸の 成分表の見方 についてご紹介いたしました。
薬機法という法律によって、化粧石鹸や歯磨き粉など、人間に使うものには成分表示を記載することが義務付けられています。
ですからメーカー側は、製品のどこかに必ず成分表を記載しなくてはならないのです。
成分表の記載方法は統一されておらず、4つのパターンに分かれています。
また、成分や原材料といった言い回しもあり、ややこしさを感じる人が多いようです。
ですが、
どのような成分が含まれているのか見ることは、肌に合う石鹸が見つかることに繋がりますので、
次に石鹸を買う時には、是非見てみて下さいね。

>固形石鹸に特化した石鹸情報 まとめサイト

固形石鹸に特化した石鹸情報 まとめサイト