The SOAP BARでは固形石鹸の商品や豆知識をご紹介します。

エモリエント効果 とは

エモリエント効果 とは 、化粧品に配合されているものです。
エモリエント効果には、肌を柔らかくして、ハリや潤いを与える働きがあります。
エモリエント成分??と聞いただけではピンと来ない人も多いかも知れませんが、
基礎化粧品の多くに配合されている成分なんです。
今回は、そんなエモリエント成分についてご紹介していきます。

エモリエント成分とは、皮脂の代わりに肌を保護するもの

エモリエント効果 とは

エモリエント成分とは

エモリエント成分というのは、基礎化粧品やマッサージオイルなどに配合されている成分です。
エモリエント成分の入っている基礎化粧品等を使用することで、
肌の柔軟性を高めハリと潤いを与えてくれます。
「エモリエント剤」と表記することもあります。
エモリエント作用は、保湿作用のようなものです。

保湿は、肌の表面を水分を保つ物質で補うこと

保湿成分には、水溶性成分油溶性成分があり、
水溶性の成分を「ヒューメクタント」、水分の蒸散を防ぐ油溶性の成分を「エモリエント」と呼びます。
エモリエントは、水分が蒸散しないように肌の表面を油の膜で覆うこと。
このことから、エモリエントオイルという呼ばれ方もされています。

油性であるため粘着性が高いのが特徴で、しっかりと乾燥を防いでくれます。
ただし、オイリー肌の場合や、エモリエントにアレルギーがある人の場合は慎重に使用した方が良いでしょう。
使用前のパッチテストをおすすめします。

エモリエント成分とは、3つの働きがある親油性の成分のこと

エモリエント成分

エモリエント成分には、大きく分けて3つの働きがあります。

1 肌のバリア機能を促進し、水分が蒸散し過ぎるのを防ぐ

皮脂の代わりに、皮膚表面を覆うのが特徴のエモリエント成分。
肌のバリア機能をアップさせることで、外部の刺激から肌を守ったり水分が蒸散し過ぎるのを防ぐことが出来ます。

2 角質層を一時的に柔軟化して、皮膚の状態を整える

エモリエント成分は、角質層にも作用します。
油の膜で覆う事で水分を保持し、それにより皮膚が柔らかくなるという効果があります。

3 皮膚表面に水分を保持する

親油性成分で、ラメラ液晶構造を形成する成分があります。
ラメラ液晶構造により、皮脂間に水分を抱えこむ事が出来ます。そのため、皮膚表面に水分を保持しておくことが可能となります。

たくさんあるエモリエント成分から、代表的なものをご紹介

エモリエント成分には、とても多くのものがあります。
ここではその中から、代表的な成分をご紹介していきます。

スクワラン・・・オイルの中でも特に安定した性質を持つ、良質なオイルです。優れたエモリエント作用が期待出来るため、化粧品に配合されています。
セラミド・・・角質層の水分を挟みこんで、潤いをキープします。
オレイン酸・・・オリーブ油や椿油を加水分解して作られる不飽和脂肪酸で、肌に潤いを与えます。
ワセリン・・・皮膚を保護する働きがあります。
ボラージ油・・・肌の保湿の効果があり、アレルギー性皮膚炎の予防も期待出来ます。
アボカド油・・・肌との親和性が高く、皮膚を柔らかくする働きがあります。
オリーブ油・・・皮膚を柔らかくする働きがあります。
ホホバ油・・・肌を保護し、保湿に役立ちます。ニキビ肌の人でも使えるオイルです。
ひまわり油・・・伸びが良いため肌になじみやすく、軽い使用感で肌を保護します。
カカオバター・・・肌への浸透性に優れており、化粧品や石鹸、口紅などに配合されています。

まとめ

今回は、エモリエント成分について、その特徴や働きをご紹介しました。
エモリエント効果 とは 、皮脂の代わりに皮膚表面を油で覆い、肌の潤いを守ったり肌を柔軟にしたりする作用のことです。
エモリエント作用を期待して、化粧品には様々なエモリエント成分が配合されています。
オリーブ油やホホバ油、アーモンド油など、天然由来のオイルが多いようです。
肌の潤いを保ってくれるのですが、親油性なのでオイリー肌の人との相性が良くない場合もあります。
またアレルギーを持っている人もいますので、肌に合わないと感じたら使用を中止することをおすすめします。

No ratings yet.

評価をして下さい




>固形石鹸に特化した石鹸情報 まとめサイト

固形石鹸に特化した石鹸情報 まとめサイト