The SOAP BARでは固形石鹸の商品や豆知識をご紹介します。

美白成分 とは

美白成分 とは

白く透き通る美しい肌は、女性ならきっと誰でも憧れることでしょう。
美白を目指し、日々スキンケアに励む女性も多いことだと思います。
美白に有効な成分を配合した化粧品は多く、配合されている成分や量によって効果が違ってきます。
ここでは、美白成分とは何かを説明するとともに、代表的な美白成分についてご紹介していきます。

美白成分 とは?

美白成分

5つの条件のいずれかを満たすもの

美白成分という文字を見ると、「肌を白くする成分」と思う人が多いと思います。
結果的には肌が白く見えるようになるのですが、厳密には少し違います。

美白成分と言うのは、次の5つの内、一つまたは複数満たすものを指します。

1、紫外線で黒化メラニンが作られるのを防ぐ
2、ストレスで黒化メラニンが作られるのを防ぐ
3、黒化メラニンをターンオーバーに乗せない
(表皮ケラチノサイトに送られたメラニンを、取りこませないようにする作用)
4、黒化メラニンをターンオーバーに乗せる
(メラノソームに蓄えられたメラニンが、表皮ケラチノサイトに滞留するのを防ぐために、メラニンの排出を促進)
5、黒化メラニンの色を薄くする

美白成分の役割は、現在の肌の色を維持すること

そばかす

美白成分に期待出来る効果を簡単に言うと、
紫外線によるメラニンの生成を抑えることで、シミやそばかすを予防する」ことです。
要するに、シミやそばかすの予防効果があるのが、美白成分です。
ですから、出来てしまったシミやそばかすには、効果がない場合が多いでしょう。

シミやそばかすは消せないにしても、使い続けることで本来の肌色に近づくことは出来ます。
本来の肌色とは、お腹などの服で隠れている部分のことです。
顔の色がくすんで見えるような場合には、美白成分が有効でしょう。

美白成分には、たくさんの種類がある。

ビタミンC

美白成分には、とてもたくさんの種類が存在します。その中から、代表的なものをご紹介します。

ビタミンC誘導体
ビタミンCは、単体だと不安定な成分です。それを吸収しやすく変えたのがビタミンC誘導体です。

アルブチン
コケモモの成分で、チロシナーゼを抑制してメラニンが作られるのを抑えます。

プラセンタエキス
馬の胎盤から抽出したエキスです。チロシナーゼを抑制し、メラニンが作られるのを抑えます。
代謝アップ効果により、メラニンを排出しやすくします。

カモミラエキス
カモミールからとれる成分で、メラニンを作る指令を止める働きがあります。

まとめ

今回は、女性なら誰もが気になる「美白成分」についてご紹介いたしました。
美白成分 とは 、メラニンの生成を抑えたり、排出を促進させたりする作用のあるものです。
また、黒化したメラニンの色を薄くしたりもします。
美白成分は、シミやそばかすの予防に効果的な成分であって、今あるシミやそばかすを消すのは難しいです。
ただ、本来の肌色に近づけることが出来るので、顔色が明るくなったりするでしょう。
美白成分にはたくさんの種類があります。
これらの成分が配合された化粧品を、上手に使うことが大切です。

>固形石鹸に特化した石鹸情報 まとめサイト

固形石鹸に特化した石鹸情報 まとめサイト