The SOAP BARでは固形石鹸の商品や豆知識をご紹介します。

ドライ肌に コラージュD 乾性肌用石鹸

コラージュD 乾性肌用石鹸

気温が一気に下がり始める真冬となると、もともと乾燥肌に悩んでいる方にとっては、さらにお肌の乾燥が進行するため、多くの方が乾燥による肌トラブルをより強く実感します。

そんな時、お肌にしっとり感を保ちながら洗い上げることができる「持田ヘルスケア コラージュD 乾性肌用石鹸 」をご存知ですか?

ここでは、「持田ヘルスケアコラージュD乾性肌用石鹸」の特徴や成分、使い方などあらゆる情報をご紹介します。

 

商品概要

持田ヘルスケア コラージュD乾性肌用石鹸 の特徴は?

メーカー: 持田ヘルスケア
内容量: 100g
サイズ: 84×31×58(mm)
成分:

TEAステアリン酸TEA牛脂脂肪酸Naグリセリンヤシ脂肪酸Naヒマシ脂肪酸NaコカミドDEAジイソステアリン酸ポリグリセリル-2PEG-60水添ヒマシ油オレイン酸TEAホホバアルコールステアリン酸Naセタノールスクワランオレイン酸Naトコフェロール

カサつき・肌あれが気になるドライ肌用石鹸

コラージュD乾性肌用石鹸は、乾燥肌敏感肌お悩みの方のお肌を、適度な潤いを保ちながら穏やかな洗浄力で優しく洗い上げる石鹸です。

洗い上がりはつっぱり感がなく、低刺激かつ、泡切れが良いため、お肌に石鹸成分が残ることなく最後はしっとり感と適度な潤いを保った仕上がりとなるため、使用感が非常に良いとして高い評価を得ています。

香料色素殺菌剤を配合せず、ナチュラルな素材の石鹸のため、あらゆる肌質の方でも安心して使用することができます。

これまでの石鹸でお肌につっぱり感を感じたり、洗い上がりの乾燥が気になるために、石鹸の使用を避けていたという方など、持田ヘルスケアコラージュD乾性肌用石鹸は、驚くほどの洗い上がりとマイルドな使用感が癖になると話題の石鹸です。

コラージュD乾性肌用石鹸 は、ドラッグストアなどでよく見かける石鹸のひとつでもあります。

コラージュD乾性肌用石鹸に含まれる成分は?

TEAステアリン酸TEA牛脂脂肪酸Naグリセリンヤシ脂肪酸Naヒマシ脂肪酸NaコカミドDEAジイソステアリン酸ポリグリセリル-2PEG-60水添ヒマシ油オレイン酸TEAホホバアルコールステアリン酸Naセタノールスクワランオレイン酸Naトコフェロール
が含まれています。

コラージュD乾性肌用石鹸は全身に使用できる?

持田ヘルスケアコラージュD乾性肌用石鹸は、洗顔だけではなく、全身の洗浄にも使用することができます。
柔らかなキメ細かな泡が、お肌の過剰な皮脂をきれいに洗い流し、しっとりとふっくらとしたお肌に仕上げてくれます。
全身に使用してもつっぱり感のない洗い心地です。

コラージュD乾性肌用石鹸はどんな人におすすめ?

持田ヘルスケアコラージュD乾性肌用石鹸は、主に乾燥肌の方や、洗顔後のお肌のつっぱり感が気になるという方、また、洗い上がりが優しくお肌に刺激がなく穏やかな使用感をお好みの方におすすめです。

泡切れがすっきりとして、石鹸成分がお肌に残らないため、敏感肌の方も安心して使用することができます。

コラージュD乾性肌用石鹸の使い方は?

持田ヘルスケアコラージュD乾性肌用石鹸は、清潔な手に石けんを十分に馴染ませ、ぬるま湯を使用し、十分に泡立ててください。

キメ細かくふわふわの泡が立ったら、その泡でお肌全体を優しく包み込むようにふんわりと洗い上げましょう。
洗い終わったら、タオルで軽く水気を拭き取り、その後はしっかりとお肌を保湿するようにしましょう。

コラージュD乾性肌用石鹸を使用する際の注意点

持田ヘルスケアコラージュD乾性肌用石鹸を使用する際は、お肌に赤みや傷がない状態で使用しましょう。
また、使用によってお肌にかゆみや腫れなど異常が生じた場合は、すぐに使用を中止し、必要あれば皮膚科を受診するようにしましょう。
使用後は水気を切って置いておきましょう。

まとめ

持田ヘルスケアコラージュD乾性肌用石鹸」の特徴や成分、使い方などあらゆる情報をご紹介しましたが、いかがでしたか?

持田ヘルスケアコラージュD乾性肌用石鹸は、乾燥肌や敏感肌の方をはじめ、あらゆる肌質の方に使用することができ、お肌に必要な皮脂を残しながらも、さっぱりと洗い上げ、最後はふっくらとしたお肌に仕上げてくれます。

とてもマイルドな使用感が癖になりますね。
お肌の乾燥ケアに最適な持田ヘルスケアコラージュD乾性肌用石鹸を使用されてみてはいかがでしょうか?

No ratings yet.

評価をして下さい




>固形石鹸に特化した石鹸情報 まとめサイト

固形石鹸に特化した石鹸情報 まとめサイト