The SOAP BARでは固形石鹸の商品や豆知識をご紹介します。

グリセリン とは

グリセリン とは

グリセリン とは?

グリセリン は、最も古くから利用されてきた保湿剤の一つで、無色無臭の粘り気のある液状となっています。
皮膚のバリア機能を保つために必要な皮脂膜の分解によって生じる皮膚成分の一つがグリセリンです。

グリセリン は天然由来の物が一般的!?

グリセリンには、『合成グリセリン』と『天然由来グリセリン』があります。
合成グリセリンの原材料は、主に石油系のもの。
天然由来のグリセリンには、ヤシの実などの植物性のものがあります。

化粧品に使用されるのは、一般的に天然由来のグリセリンです。
石けんの製造過程では、石鹸素地を作る際の鹸化によって、油脂から分離したものがグリセリンです。

グリセリンの効果・効能は?

化粧品には欠かせない保湿成分として

グリセリンは吸湿性が高いので、保湿する能力に優れています。
またトロッとした質感をもっていますので、乳液やクリームの粘性を長期間保つ働きをします。

また、グリセルンを配合していると肌あたりが滑らかになり、伸びも良くなります。
皮膚表面のうるおいを守り、しっとりした感触にすることができます。

温感クレンジングにも利用される発熱機能

もう一つのちょっと変わった効果としては、グリセリンは水と混ざる時に発熱する性質があります。
人気の広がってきている温感クレンジングなどもこの効果を活かしたものです。

この温感クレンジングの登場までは、ホットタオルなどで顔を温めて毛穴の汚れを落としやすくしていましたが、
製品自体が発熱してくれれば面倒な手間を省くことができるので便利ですね。

グリセリンが石鹸に配合されていると何がいいの?

グリセリンを配合した石鹸は、一体何が良いのでしょうか?
メリットとデメリットを簡単に説明します。

グリセリンのメリット

グリセリンは天然由来であることが多い為、肌への刺激が少ないので、赤ちゃん用の石鹸にも使用することができます。
つまり、デリケートなお肌を持つ赤ちゃんでも使えるので、乾燥肌や敏感肌の人でも安心して使えるところが一番の魅力です。

また、グリセリンは吸湿性が高いので、肌にベールを敷いたようにお肌の潤いを保ってくれます。
またお肌の水分環境を保持してくれるので、お肌の水分を保つことにより皮膚を柔らかくする働きもあります
そのため角質が肌に残りにくく明るい肌をキープできるようになります。

デメリット

グリセリン原液の性質としては、吸湿性が高く湿気の多い季節には空気中の水分も吸湿してくれるのでしっとりした肌にしてくれるのですが、大気が乾燥していると空気中の水分を吸収することができないので逆に肌の水分を吸収しようとします。
そのため肌荒れの原因となることもあります。

しかし、グリセリンによる肌荒れを防ぐ対策として、他のオイルや保湿剤を併用するなど工夫が必要となります。
その組み合わせの一般的な例として、ヒアルロン酸と併用している製品が多く見られるのはそのためです。

グリセリンは他の成分と一緒に使おう

グリセリンには高い吸湿性があります。
肌の上で水分を吸湿してくれるので、保湿を目的とした化粧水や美容液、クリームとして使われています。

ただし、セラミドやプロテオグリカンなどと比べると保湿力が劣っているので、セラミドをメインとした美容液などは多くドラックストアなどでも見られますが、グリセリン単独の化粧品や美容液はほとんどありません。

グリセリンは、化粧品とするためにはヒアルロン酸など他の成分と一緒に使用することで安定した保湿力を発揮します。

手作り化粧品の材料としても

グリセリンは安価で手に入るので、手作り化粧品の材料としても利用されています。
一番単純な作り方はグリセリンを精製水で薄めるものです。

グリセリン1に対し精製水9が目安です。
ただし、あまり日持ちがしないので、長期間の保存には向きません。

その他に、食品添加物や医療用にも

グリセリンには甘みがあり、毒性も低いので食品添加物としても用いられます。
また保湿力を生かして食品の保湿剤、柔らかさを保つための軟化剤、冷菓などの氷点降下剤として使われています。

医療用としても用途が広いです。
例えば浣腸や目薬、貼付薬などに使われています。
余談ですが、爆薬や心臓の治療薬として知られるニトログリセリンは、グリセリンと硝酸を反応させてエステル化させたものです。

まとめ

グリセリンの一番の特徴は高い吸湿性です。
その吸湿性を生かして様々な化粧品が作られているだけでなく、食品や医療まで利用されているのですね。
グリセリン配合の石鹸の性質を知り、その性質を活用すると上手にお肌の健康も守れそうです。

No ratings yet.

評価をして下さい




>固形石鹸に特化した石鹸情報 まとめサイト

固形石鹸に特化した石鹸情報 まとめサイト