The SOAP BARでは固形石鹸の商品や豆知識をご紹介します。

シア脂(シアバター)とは

お肌に良いとされるシア脂(シアバター)は、今流行りの手作りハンドクリームなどでも大人気の素材です。
名前は聞いたことあるけれど、どういった油脂なのか詳しく知らないという人も多いことでしょう。
シア脂(シアバター)には、顔やボディにとって良い効果がたくさんあるんですよ。
エイジングケアにも効果的で、多くの女性達に注目されています。
そんなシア脂(シアバター)について、ご紹介していきたいと思います。

シア脂(シアバター)には、どんな特徴があるの?

まずは、シア脂(シアバター)がどういった油脂であるのかを、ご紹介したいと思います。
ナイジェリアやマリ、ガーナなどで生産されているシア脂(シアバター)。
これは、シアーバターノキの種子から採取される、植物性オイルです。
美肌効果があるので石鹸やクリームに使用されるほか、薬としても使われたり、食用にもなったりしています。
日本でも有名な、ロクシタンやザ・ボディショップがシアバターに注目して作られた製品は、どれも大人気!

シア脂(シアバター)には、どんな成分が入っているの?

主な成分は、ステアリン酸オレイン酸です。
他には微量ながら、トコフェロール、カロチノイド、トリテルペンも含まれています。
シアバターの取り扱いの特徴から、
常温では固いですが体温程度で溶けるので、オイルではなくバターと呼ばれています。

シア脂(シアバター)はたくさんの効果・効能をもっている

シアバターはいつまでも若々しいお肌を保ちたい女性にとって、嬉しい効果・効能ばかり!

・高い保湿力
・老化を抑制
・日焼け予防
・傷薬として使える
・火傷に効く
・髪の潤いを保ち、傷みにくくする

シア脂(シアバター)を石鹸に使うと、しっとり感が得られる

保湿効果の高いシア脂(シアバター)は、石鹸に配合することでしっとり感のある石鹸を作れます。
ただし、融点が高いのでたくさん入れると硬い石鹸になります。
水で溶けにくく、泡立ちも悪くなってしまいます。
ですから、メインとして使うのではなく、少量混ぜる程度にすると良いようです。
乾燥肌の人に向いている石鹸になるでしょう。

まとめ

シア脂(シアバター)について、その特徴や効果・効能についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
アフリカに生息するシアの木は、花を咲かせるまでに15年もかかります。実がなるには、開花から10年かかります。
このことから、シア脂(シアバター)は大変貴重なことが分かりますね。
そんなシア脂(シアバター)は、保湿力が優れていること、老化防止、日焼け止め、など、様々な効果があり、世界中で注目されています。
石鹸に配合することで、保湿力のあるしっとり系の石鹸が出来上がります。乾燥肌の人にピッタリな石鹸ですね。

No ratings yet.

評価をして下さい




>固形石鹸に特化した石鹸情報 まとめサイト

固形石鹸に特化した石鹸情報 まとめサイト